ランドセルでウキウキ【進級する女の子が喜ぶプレゼント特集】

素敵な雛人形

プレゼント

桃の節句に雛人形を飾る意味

江戸時代には現在の雛人形の様に非常にきらびやかな雛人形が存在したと言われています。裕福な大名家の雛人形は豪華絢爛でつくりも立派なものです。現在でも博物館や展示館などに飾られている現物があるので実物を見ることは可能です。雛人形は目で楽しむ飾り物タイプのほかにもいろいろなものがあります。その中の一つに流し雛があります。平安時代から伝わる儀式で紙で折った雛人形を川に流します。これは厄除けの意味があります。桃の節句に流し雛をすることは厄祓いを意味しているのです。また飾るタイプの雛人形は災害厄除けの守り雛としての意味があり、ただの飾り物ではなく女の子の災いを退ける一種の縁起物のような役割を果たしています。

子供の成長を祝うお祭り

また、雛人形を片付けるのが遅くなると結婚が遅くなるとよく言いますが、これは特に根拠がない昭和の初めにできた俗説です。雛人形は春の飾り物です。早く片付けないと季節が変わってしまいけじめがなくだらしがない人間だと思われるので嫁入りできなくなると言いしつけに使う地方もあります。雛人形を片付ける時期の話は噂話に過ぎないと言いうのが真相のようです。女の子節句のお祝いととして飾り付ける雛人形には調べてみるといろいろな意味が込められているのです。わが子には無事に成長してほしいと思うのが親心です。雛祭りは桃の節句に毎年雛人形を飾ることでわが子が無事に一年過ごしてつつがなく成長していることを実感できるお祭りです。