ランドセルでウキウキ【進級する女の子が喜ぶプレゼント特集】

素敵な雛人形

プレゼント

江戸時代の大名家のお姫様のお嫁入りには雛人形は欠かせないお嫁入り道具として存在していたのです。現在ではお祝いを行なう意味として両親や祖父母から贈られる事が多いのが一般的です。

Read More...

思い出に残るおもちゃ

女の子

子供の感性を磨き上げるという点においても、とても良いと思います。 色々な木のおもちゃを買ってきましたが、印象に残るものがあります。そのため、現在では木のおもちゃが人気となっています。

Read More...

雛人形をプレゼントする

親子

雛人形と注意すること

雛人形は、3月3日の桃の節句に、子どもが健やかで幸せになれるように、災いが起こらないようにという願いを込めて、飾るものです。 雛人形が飾られる時季になると、春の訪れを感じずにはいられないでしょう。 年が明けると、店頭でも雛人形が並べられますが、雛人形にはいくつか種類があって、段飾り、出飾り、親王飾りに分けられます。 以前は、段飾りが圧倒的に主流だった時代もありましたが、昔のように大きな部屋がないことや、片付けが大変だという理由から、出飾りや親王飾りを購入する人が多いようです。 雛人形は、湿気や虫に弱いものですから、しまう時には、防湿剤や防虫剤を忘れずに入れておきましょう。かびや虫喰いを防ぐことができます。

早めにしまう理由とは

女の子がいる家では雛人形をいつまでも飾っていると結婚できなかったり、結婚が遅れたりすると言われています。 これには理由があり、一つは、旧暦でいうとひな祭りが梅雨の近い時季になるので、早めにしまわないとかびや虫喰いの原因になることから、そのように言われてきたということもあります。 もう一つは、雛人形をいつまでも飾ったままだと、節度がなくだらしがないということから、そういった子どもは、大人になってももらい手がいないということにつながるという意味があるようです。 雛人形は、大切に保管すれば、数十年と言わず、代々引き継ぐことができます。ですから、大事にしておいて、自分の子どもに譲ってあげるのもすてきなことなのかもしれません。近年では春の時期になると進学するお子さんにランドセルを送ってあげる親御さんやおじいちゃんおばあちゃんもいるので一緒にプレゼントしてあげるのも良いでしょう。

プレゼントに最適

赤ちゃん

木のおもちゃは赤ちゃんにとって非常に安全な素材を使用しているのでお子さんに贈るギフトとして喜ばれます。あたたかみがあり優しいおもちゃなのでプレゼントに最適だったため私もプレゼントとして贈りました。

Read More...